このページのコンテンツには、Adobe Flash Player の最新バージョンが必要です。

Adobe Flash Player を取得

Tokyo TCAT Conference

Tokyo TCAT Conferenceとは

NPO法人TODocネットワークより資金管理支援を受けている、甲状腺癌治療に関わる医師・研究者の情報共有団体です。くわしい趣旨は下記の趣旨書をご覧ください。

Tokyo TCAT (thyroid cancer advanced therapy) Conference 趣旨書

現在、甲状腺癌の治療は、昨年の分子標的薬の登場により大きな変遷の時期を迎えています。しかしながら、その適応となる症例は限られており、また甲状腺癌を扱う多くの臨床医はその使用経験が浅いことから、安全面を含めた適切な使用が課題となります。

さらに、2011年から使用可能となった補助療法としての外来放射性ヨウ素内用療法(アブレーション)の運用についても、専門家の見解が一致していないのが現状です。

これら新しい治療(高度治療)法の有効性を最大限に発揮させ、患者の利益を守るには、お互いに貴重な経験を共有し、研究と議論を通じて実臨床におけるその意義を理解し、その結果を内外に発信することが重要であると考えます。

この度、甲状腺癌高度療法の研究会を発足させることにより、施設の垣根を越えて甲状腺癌高度治療法の確立と意見交換、情報交換の場としたいと思います。

また、Tokyo TCAT Conferenceは、資金管理団体としてNPO法人TODocネットワークと委託契約を結び、資金管理を依頼致しました。

広報活動としては、本研究会で議論された内容をNPO法人TODocネットワークのホームページ内に新たに作成するTokyo TCAT Conference関連ページ内にPDF file等にて公開し、甲状腺癌治療に係る医師、研究者、メディカルスタッフ、コメディカル、協賛企業への啓蒙活動の一助になればと考えております。

本会の運営につきましては,できるだけ簡素・質素を旨としておりますが,本会の運営費は、寄付、広告によるところが大きく、ご浄財によるご支援を仰がざるを得ないのが実情です。

つきましては,本研究会の活動趣旨にご賛同いただき,本研究会の研究遂行、運営のため格別のご高配を賜わりたくお願い申し上げます。尚、運営費の徴収につきましては、NPO法人TODocネットワークが代行致しますので、よろしくお願い申し上げます。

Tokyo TCAT Conference 代表世話人 杉谷 巌
NPO法人TODocネットワーク 理事長 神森 眞

このページの一番上へ戻る

世話人会

代表世話人 杉谷 巌 (日本医科大学内分泌外科教授)
世話人 岡本 高宏 (東京女子医科大学内分泌外科教授)
世話人 杉野 公則 (伊藤病院副院長)
世話人 筒井 英光 (東京医科大学呼吸器・甲状腺外科教授)
世話人 神森 眞
(国際医療福祉大学 臨床医学研究センター 教授 )

このページの一番上へ戻る

このページの一番上へ戻る

このページの一番上へ戻る

過去のカンファレンス

第2回 東京TCATカンファレンス

日時 平成27年9月11日(金) 19:00~20:30
(終了しました)
場所 日本医科大学 橘桜会館2階 橘桜ホール
プログラム内容
※下記のプログラムPDFを閲覧するには、
会員サイトのユーザ名とパスワードが必要です。

<第一部>

「あの人は今・・・」 〜前回検討症例のその後
長岡竜太先生
(日本医科大学 内分泌外科)
鈴木章史先生(PDF)
(伊藤病院 外科)
蛯名 彩先生(PDF)
(がん研究会有明病院 頭頸科)

<第二部>
症例提示
司会:岡本高宏先生
(東京女子医科大学 内分泌外科)
星 雅恵先生(PDF)
(東京医科大学 呼吸器・甲状腺外科)

<第三部>
Lenvatinib使用中の出血事象について

第1回 東京TCATカンファレンス

日時 平成27年7月8日(水) 19:00~21:00
(終了しました)
場所 日本医科大学 橘桜会館2階 橘桜ホール
プログラム内容
※下記のプログラムPDFを閲覧するには、
会員サイトのユーザ名とパスワードが必要です。

<第一部>
第1回TOKYO TCAT Conference症例検討
日本医科大学内分泌外科 長岡先生

<第二部>
肺転移・骨転移が進行した比較的若年のRI抵抗性低分化濾胞癌 (PDF)
伊藤病院外科 鈴木先生

<第三部>
Lenvatinib著効により頸動脈露出、出血
を来した甲状腺未分化癌の1例 (PDF)

公益財団法人がん研究会 蛯名先生

このページの一番上へ戻る